祭礼・お祭り

毎年1月5日の大山祭!神職さんらと稲荷山を巡拝!

こんにちは、KJです。

関西最多の初詣参拝者を誇る伏見稲荷大社の1月前半は、元旦に行われる歳旦祭さいたんさいに始まり、大山祭おおやまさい奉射祭ほうしゃさい成年祭せいねんさいと重要な神事が立て続けに行われます。

この記事では、その中の一つ「大山祭」の詳細についてご紹介していきます。

大山祭の時間と歴史

大山祭は毎年1月5日に行われる神事です。
この日の早朝に、稲荷山七神蹟の外玉垣に注連縄しめなわを張る「注連張しめばり神事(または注連縄懸しめかけ神事)」が行われ、お昼から本殿の儀山上の儀が斎行されます。

  • 本殿の儀
  • 時間:12時〜
  • 場所:本殿
  • 山上の儀
  • 時間:13時30分〜
  • 場所:御膳谷奉拝所ごぜんだにほうはいじょ(祈祷殿)

大山祭の由来は諸説あり、詳しい歴史などは不明ですが、その昔、伏見稲荷の本殿は稲荷山の山上に鎮座しており、御膳谷は斎場として使われていました。斎場だった頃は、ここに「御饗殿みあえどの」と「御竈殿みかまどの」が建てられ、御饌石みけいしと呼ばれる霊石の上に神饌しんせんをお供えしたと伝わっています。

上記の故事に因み大山祭は行われていて、五穀豊穣・家業安全を祈念する重要な神事となっています。

大山祭・本殿の儀

伏見稲荷の初詣客は5日経っても全然減りません。境内は人、人、人です。
この大賑わいの中、12時から宮司及び祭員(以下「祭員一行」とします。)によって本殿の儀が行われます。

本殿の儀については実際に見ていませんし、資料が少ないので詳しいことはわかりませんが、だいたい30〜40分ほどで終わるようです。
儀式終了後、祭員一行は一列になり、稲荷山を登っていきます。

撮影禁止なので気をつけましょう。

伏見稲荷の大山祭の様子

大山祭・山上の儀

山上の儀は、本殿から歩いて40分ほどかかる御膳谷奉拝所で行われます。
当日の御膳谷には浅黄幕あさぎまくが張られ、いつも御饌石を囲っている瑞垣みずがきは取り払われています。

12時頃から用意された参列者用の椅子に人が集まり始め、いつも静かな御前谷は多くの人で賑わいます。

伏見稲荷大社の大山祭の御膳谷奉拝所祭員用の椅子

13時半前頃、御供物おくもつ御唐櫃おからひつを先頭に祭員一行が到着。その後、山上の儀が始まります。儀式の内容は「酒のお供え」「祝詞」「玉串たまぐし奉納」「御神楽おかぐら」「直会なおらい」。御神楽中は雅楽器の演奏が山に響き、御前谷はとても神聖な空気に包まれます。

伏見稲荷大社の大山祭で使われる御饌石御饌石

「酒のお供え」では、中汲酒(濁酒)を盛った70枚の斎土器いみがわらけを御唐櫃から取り出し、御饌石の上にお供えします。
斎土器は耳の形に似ていることから「耳土器」とも呼ばれ、祭典後に有料で授与されます。

伏見稲荷大社の大山祭出典:中村陽監修『イチから知りたい日本の神さま2 稲荷大神』,2009年,P139

山上の儀は約30分で終了。
この後、祭員一行および参列者はテントに集まり、御神酒おみきと「ひかげのかずら(日陰蔓)」をもらいます。

伏見稲荷大社の大山祭のテント

御神酒はお米が入っていて、甘酒のような見た目。
とても美味しく、「本当に無料で頂いていいのかなぁ」と少し申し訳ない気持ちになりました。

伏見稲荷大社の大山祭でもらえる御神酒

「ひかげのかずら」は、天岩戸あめのいわと開き神話内で天宇受賣命あめのうずめのみこと天照大神あまてらすおおみかみの再生を祈念して身につけた天之日影あめのひかげと同様のものであり、生命力が強いことから縁起がいいとされています。

伏見稲荷大社の大山祭でもらえるひかげのかずら

一年中この美しい緑色を保つといい、小さくまとめて玄関に飾ると魔除けになるとのこと。

伏見稲荷大社の大山祭でもらえるひかげのかずら

その後、祭員一行および参列者は「ひかげのかずら」を首にかけ、宮司を先頭に稲荷山七神蹟を巡拝していきます。
参拝する順番は「御前谷」を出発し、「長者社(御劔社)」「一ノ峰(上之社)」「二ノ峰(中之社)」「間ノ峰(荷田社)」「三ノ峰(下之社)」、そして最後に「荒神峰(田中社)」。
参列者は祭員一行の後ろをついていき、「二礼二拍手一礼」を一緒に行います。

伏見稲荷大社の大山祭出典:三好和義『日本の古社 伏見稲荷大社』,2004年,P117

ちなみに、長者社では写真のような杉の小枝をいただけます。
右耳あたりに挿頭すといいようです。

伏見稲荷大社の大山祭で杉の小枝

余談:昔の大山祭はケガ人続出だった!?

大山祭で使われる斎土器は、古くから福徳開運や商売繁盛など様々なご利益があるといわれ、とても重宝されてきました。特に酒造家の間では「破片を醸造に使用すると水質を澄ませ良いお酒ができる」という信仰があり、全国各地の酒造家が代参に訪れたといいます。

昔の大山祭では、祭典終了後にこの斎土器を奪い合っていました。
ほんの一欠片でも貰おうとする様子は、アメリカンフットボール並みに激しく、勇壮な行事として長い間知られていました。
激しすぎる奪い合いにケガ人が続出。昭和37年(1962)に形式が改められ、有料授与に変更されたということです。

こちらは都年中行事画帖(昭和3年/1928)に収録されている大山祭の絵。
祭典終了を今か今かと待ちわびている様な沢山の男性たちの姿が描かれています。

 

公式HP

参考文献

  • 南日義妙『稲荷をたずねて』,1974年
  • 京都新聞社『伏見稲荷大社』,1984年
  • 深草稲荷保勝会『深草稲荷』,1998年
  • 三好和義『日本の古社 伏見稲荷大社』,2004年
  • 中村陽監修『イチから知りたい日本の神さま2 稲荷大神』,2009年